みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

渚と街角の神話

渚と街角の神話

渚と街角の神話

福島 清 著
2009年5月刊
A5判上製124頁 図版一部カラー
本体2000円+税
ISBN978-4-944173-64-8 C0093
装幀 林哲夫




2009年4月2〜6日、広島・袋町芸術館にて発刊記念展開催。オリジナル油彩画表紙による特装版(中国新聞連載「渚と街角の神話」挿絵(原画)とセットで1部10万円、15部限定!)を展示・販売

          → 発刊記念展の詳細へ


[目次]
1 渚と街角の神話(一)
沖家室島(一)/沖家室島(二)/沖家室島(三)/周防大島(一)/周防大島(二)/情島

2 渚と街角の神話(二)
広島の街(一)/広島の街(二)/広島の街(三)/可部の酒場/呉の人(一)/呉の人(二)/柱島(一)/柱島(二)

3 渚と街角の神話(三)
三原の街/尾道の大人/福山の古書店/神辺散歩/じいちゃんジャーナル/岡山にて/倉敷閑話(一)/倉敷閑話(二)

4 渚と街角の神話(四)
忽那諸島・中島(一)/忽那諸島・中島(二)/忽那諸島・中島(三)/忽那諸島・中島(四)/忽那諸島・中島(五)/忽那諸島・中島(六)/松山逍遙(一)/松山逍遙(二)/齋灘

5 渚と街角の神話(五)
日生の親爺/伊部追憶/備前の新風

6 渚と街角の神話(六)
大津島/小倉にて(一)/小倉にて(二)/下関雑感(一)/下関雑感(二)/月の桂

7 渚と街角の神話(七)
岩国の街から海峡へ/家房(一)/家房(二)/神戸の春/神戸の夜

8 渚の神話
由利島(一)/由利島(二)/由利島(三)/由利島(四)

9 街角の神話
紀廣/あき書房/我が帝王と追懐の酒場

[初出]
1〜7 渚と街角の神話  中國新聞「洗心」面、同名の連載(2008年3月24日〜2009年2月2日、計40回)を再構成
8 渚の神話  書き下ろし
9 街角の神話
・「紀廣」 季刊『旬遊』Vol.19(有限会社メディクス、2007年12月)
・「あき書房」 同Vol.24(2009年3月)
・「我が帝王と追懐の酒場」 同Vol.22,23(2008年9月、12月)

[著者]
福島清(ふくしま・きよし)
1948(昭和23)年神戸市生まれ。画家、造形家、登山家。大阪RCC(ロック・クライミング・クラブ)創立会員。雪と岩の集団「蟻の会」を創設。造形美術作品は個展を中心に発表。著書に『男達の神話』(みずのわ出版)、『Unnennbarrer Ort〈名状シガタイ行方〉』(デトレフ・バウアー・オフィス)。

[用紙・刷]
ジャケット リ・シマメ クリームホワイト 四六判Y目 130kg DIC412+K/2°
表紙 レザック96オリヒメ グレー 四六判Y目 70kg K/1°
見返 レザック96オリヒメ グレー 四六判Y目 130kg
扉  レザック96オリヒメ ミルク 四六判Y目 100kg DIC466/1°
本文 ラフクリーム琥珀 A判T目 42.5kg



このページのTOPへ戻る



ウエッブサイトから注文・問合せ