みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

本屋の眼

本屋の眼

本屋の眼

平野義昌 著
2006年12月刊 A5判95頁ペーパーバック
本体1200円+税 ISBN978-4-944173-41-9
装幀 林哲夫




巨大店・チェーン店が席巻する書店業界にあって、神戸元町で気を吐く海文堂書店。この「誇り高きインディペンデント」「絶滅寸前レッドデータ書店」 の丁稚こと平野義昌が、PR誌「海会」(カイエ)に連載してきた本音エッセイ「本屋の眼」が、「プレジデント」掲載の書評とあわせて単行本化。書き下ろし 「神戸・本屋漂流記」に、店頭掲示の「手書き書評」収録。おちゃらけ、下ネタ、嫁の自慢がてんこ盛り。解説=畠中理恵子(神田神保町書肆アクセス店長)

[著者]
平野義昌(ひらの・よしまさ)
1953年7月神戸生まれ、ずーっと神戸育ち。76年私立大学文系お手軽レジャーコースを、それはそれはリッパな成績で卒業。同年潟Rーベブックス入社。5年後、女性の色香に惑い化粧品販売業に転職。しかし、マチガイを起こしたのか悟ったのか、1年9ヵ月でまた転ぶ。書店業界重鎮・村田耕平氏の且O宮ブックスに押しかけ入社。以来21年、書店業の「エエ時代と悪い時代」を体験。2003年4月同社業務縮小のため滑C文堂書店に。家族は、一美人妻、一美貌娘、一イケメン男子。店舗から徒歩17分、自転車5分、ケンケンしたらいつ着くか不明の距離に在住。
   海文堂書店ウエッブサイト http://www.kaibundo.co.jp/


[目次]
丁稚口上
T 本屋の眼
マジメにHな本/神様のようなお客様/いきなりネタ切れ?/戴き物あれこれ/戦争しとる場合じゃない/本屋の春/自主規制/友だちネタ/同窓会に呼ばれない理由/それはないじゃろう/個性的書店、反動的書店/あはあは/ウソツキは政治家のはじまり/大江戸書店徘徊/祝! 書皮大賞受賞/おまえヘンタイか?/××の品格/ダマされたらアカン/長生きしまっせ/苦渋の選択、当然の推薦/ケナさない・ケチつけない・「ケッ」と言わない/私家版本屋大賞/中年心理学/世襲国家/中島らものお笑い/オマケでごまかす/ほんまに?

U 神戸・本屋漂流記
焼酎委員長/埴谷雄高と読めぬアホ/担当はエロ本

V 丁稚音読
ザイカイは漫才界――菊池信輝『財界とは何か』平凡社
涙・洟・こぶしセット――犬飼六岐『筋違い半介』講談社
丁稚音読――野口武彦『江戸は燃えているか』文藝春秋

W 週刊書評掲示板
本のびら(三宮ブックス)/「びら」雑談/ビジネス書ニュース・人文社会から(海文堂書店)

解説 畠中理恵子(神田神保町・書肆アクセス店長)



このページのTOPへ戻る




ウエッブサイトから注文・問合せ