みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

漂着物探験 ――風と潮のローマンス

漂着物探験 ――風と潮のローマンス

漂着物探験

   風と潮のローマンス


石井忠 語り/城戸洋 著
2004年11月刊
A5判上製223頁+カラー図版4頁
本体3000円+税 ISBN978-4-944173-28-0
ジャケット写真 大原隆弘
装幀 林哲夫




海に突き出た岬とゆるい曲線を描く砂浜が交互に続き、「広げたパラソルの縁」と形容される玄界灘の海岸線。ここに流れ来る様々の漂着物から黒潮文化を探り、晩年の柳田国男が構想した「海上の道」を実証した「波打ち際の民俗誌」30余年の集大成。浜歩きの詩人が綴る海の生活史。

[著者]
石井忠(いしい・ただし)
1937年福岡県生。國學院大卒。中学・高校教諭、九州産業大学非常勤講師を経て現在、古賀市歴史資料館館長、福岡県文化財保護指導員、福岡市文化財保護審議会委員、漂着物学会会長。樋口清之賞(1980年)、日本デザイン会議地域文化デザイン賞(1983年)、福岡県文化賞(1998年)受賞。著書『漂着物の博物誌』(西日本新聞社)、『海辺の民俗学』(新潮社)、『新編漂着物事典』(海鳥社)など。

城戸 洋(きど・ひろし)
1947年福岡市生。早大卒。西日本新聞記者。著書『歴史の森へ――ある地方出版人の記録高野和人聞書』『河童憂愁――葦平と昭和史の時空 鶴島正男聞書』(いずれも西日本新聞社)、『平野遼 青春の闇――平野清子聞書』(みずのわ出版)


[目次]

プロローグ 海神の贈りもの
1 海上の道
 海の掃除屋
 海上の道
 丸木舟のインテリア
 完全防寒の出立ち
 浜歩き七つ道具
 記憶よりも記録

2 「貝寄せ風」に乗せて
 「貝寄せ風」に乗せて
 浮かぶゆりかご
 さすらいの旅人
 生きている化石
 化石少年の夢

3 海の万華鏡
 ノウサバ干し
 サメの歯と鏃
 海の万華鏡

4 イルカに乗った娘たち
 イルカに乗った娘たち
 食料を満載した舟
 海獣たちの漂着
 絵馬に残る海獣

5 流れ寄るヤシの実
 さまざまな種子の旅
 流れ着く南方の様子
 南方の果実類
 籐とニッパヤシ
 流れ寄るヤシの実
 二千年前のココヤシ
 生活道具としてのココヤシ
 戦友が贈ったヤシの実
 戦争の悲劇を託して

6 海の神への手紙
 海流瓶が辿る旅
 ガラス瓶に映る時代
 「神楽」瓶との出合い
 手紙を入れた漂着瓶
 海の神への手紙

7 巡礼する仏像
 巡礼する仏像
 流れ着く護符
 天地玄黄の相
 竜蛇信仰の地を歩く
 悲劇を語る祭り
 寄り物で修理した宗像大社
 ゲバサモと海人族

8 軍艦出雲との出合い
 職人技の船箪笥
 パカチとアカクミ
 縄文が生きる沈子
 軍艦出雲との出合い
 一衣帯水を実感

9 陶磁の来た道
 漂着陶磁片の謎
 陶磁の来た道
 陶磁片を追う

10 西方丸とおもちゃ船
 西方丸とおもちゃ船
 鰯網の絵馬
 遭難絵馬の迫力

11 海流が運ぶ文化
 寄木浜が語る歴史
 正月餅を拾った
 海草採りの変遷
 海漂器が語る現代史
 海流が運ぶ文化
 海を越えた渡来人

12 考古学少年の時代
 手探りの父親像
 母サヨの記憶
 岡崎敬先生のこと
 考古学少年の時代
 中原志外顕氏の教え
 母校の教壇に立つ
 東京での大学生活
 三十六年間の教員生活

13 対馬の寄魚
 玄界灘の無人島、勝島へ
 対馬の寄魚
 五島への旅
 二人のライバル

14 海の正倉院へ
 海の正倉院へ
 沖ノ島の遺物
 沖ノ島発掘日誌
 古代大陸文化と沖ノ島

15 古里の海の叫び
 玄界の海鳥たち
 ウミガメの産卵、再び
 古里の海の叫び
 白砂青松はどこへ
 憂うべき海岸侵食
 後退する海岸線
 古里の海を見つめて


エピローグ 海からの手紙

あとがき
主要参考文献一覧
写真・図版出典一覧
索引




このページのTOPへ戻る



ウエッブサイトから注文・問合せ