みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

島―瀬戸内海をあるく 第1集 1999-2002

島―瀬戸内海をあるく 第1集 1999-2002

島―瀬戸内海をあるく 第1集 1999-2002

斎藤潤 著
全国離島振興協議会・
(財)日本離島センター 監修
2009年10月刊
A5判上製236頁
本体2800円+税
ISBN978-4-944173-72-3 C0395
装幀 林哲夫
ジャケット写真 小林惠

→【序 章】を読む
→【索 引】を見る


2000年2月刊の『季刊しま』180号から10年続く好評連載「瀬戸内海の今を歩く」を単行本化。第1集は、1999〜2002年取材分12篇(『しま』180〜194掲載)を収録。「瀬戸内・島の同時代史」として、今後も1年から3年毎に続刊の予定。


[目次]
1999年
第1景 二神島 渡海船の存在を通して見えてくる、瀬戸内海の交通事情

2000年
第2景 上蒲刈島・下蒲刈島 橋が架かった島々で、味と歴史の関係を見詰める
第3景 高井神島・魚島 新しい村民を募集することの意義と問題
第4景 牛島 「何もない」過疎の島で、秘められた潜在力を考える
第5景 柱島諸島―柱島・端島・黒島 柱島三島ふれあいツアー 島おこしの試みと、継続する力

2001年
第6景 犬島 ふるさと再発見の試みと楽しみ
第7景 走島 公的サービス自給自足の試み
第8景 小佐木島 定期航路確保と維持の難しさ
第9景 石島・犬島 瀬戸の海を渡る伊勢大神楽

2002年
第10景 伊吹島 イリコを中心にまわる島
第11景 宮島 千年後に、結ぶ夢をみて
第12景 比岐島 島人六名の小さな島

解説
碓井巧(元中国新聞記者)
三木剛志(日本離島センター『季刊しま』編集長)

[著者]
斎藤潤(さいとう・じゅん)
1954年岩手県盛岡市生。フリーライター。島、旅、食、船、自然、環境、産業史、農林水産業をテーマに執筆。著書に『日本《島旅》紀行』『沖縄・奄美《島旅紀行》』『旬の魚を食べ歩く』『東京の島』『吐■喇(とから)列島』(光文社新書)、共著に『沖縄いろいろ事典』(新潮社)、『島・日本編』(講談社)など。


[用紙/刷]
ジャケット ハンマートーン スノーホワイト 四六判Y目130kg 4゜
表紙 コルキー ナチュラル 四六判Y目70kg K/1°
見返し コルキー ベージュ 四六判Y目130kg
別丁扉 ハンマートーン ホワイト 四六判Y目100kg DIC524/1°
本文 淡クリーム琥珀N A判T目 46.5 kg



このページのTOPへ戻る








[序章]
 瀬戸内海の島は、実に奥深い。
 汲んでも汲んでも、興味の源泉が枯れる気配はまったくない。
 そう感じられるようになるまで、初めて瀬戸内海の島を訪れてから、四半世紀もかかってしまった。
 あえていえば、大人にしか本当の顔をみせてくれない島々。
 風景の目鼻立ちがはっきりとした南西諸島の島や北海道の最果ての島、小笠原の島などを巡りつつ、あまり輪郭がはっきりしない瀬戸内海の島々へは時にぶらりと渡るていどで、小まめに歩きまわってはいなかった。
 瀬戸内海の島は、地味だ。
 よそ者だけではなく、地元の人たちすらそう語って憚らない。
 瀬戸内海の島の魅力に目覚めた今、瀬戸内出身の人たちと話す機会があると、島に対してどんな想いを抱いているのか聞きたくて声をかけるのだが、反応は思った以上に鈍い。
「意外な歴史や風景や文化が、たくさん眠っていて、面白い島々でしょう」
 と、たたみかけるように聞いても、
「まあ、いいところだけど……」と、まるで他人事のよう。言葉に愛情が感じられない。
 そして、予想通り目の前の島々をほとんど歩いていない。最初から、渡る必要も感じていなければ、視野にすら入っていないらしい。地元の島など、歩かなくとも分かっているとでもいいたげに。
 確かに、サンゴ礁の海、高山植物の群落、深く広大な原生の森など、分かりやすく派手な魅力は指摘しがたい。
 しかし、人間の営みをあえて垢に譬えるなら、瀬戸内海ほど垢まみれの島に恵まれた地域はない。 こすったり、はがしたり。ハラハラとこぼれる垢には、すべてにびっしりとメッセージが記され、刻み込まれている。
 それを初めから無きものとして、洗い流してしまえばそれまでだが、一片一片読み解いていくと、いつか面白くて仕方なくなっている自分に気づく。
 瀬戸内海は、いつも薄く濃く靄がかかっている印象が強い。本当にすっきりするのは、冬場大陸の寒気に覆われた時や台風一過の時ぐらいではないか。
 特に冬場は浮島現象が起き、島影が水平線の上に浮きあがり不思議な光景をみせる。
 そして、浮島のような不思議な現象(出会い)は、自然だけではなく人文的にもあらわれる。ただし、自然現象のように条件ははっきりしていないので、偶然を求めて勘を頼りにひたすら歩きまわるしかない。
 一応釈明しておくと、筆者が瀬戸内海の島を表現する時に使う「地味」という言葉は、存在感が稀薄というのではなくて、観光的な派手さがないという意味だ。

     *

 瀬戸内海の島々にグイッと引きずり込まれたのは、戦争と物欲の世紀でありアメリカの世紀でもあった二〇世紀が間もなく幕を閉じようという一九九九年だった。
 五月に、しまなみ海道が開通。
 時期を同じくして、瀬戸内海の全有人島を紹介するガイドブックの企画と取材に関わった。取材は一部を担当しただけだったが、それまであまり興味もわかず渡らずじまいだった「地味」な島々を知る大きなキッカケとなった。
 そんな取材の中、伯は方かた島じまで渡海船の存在を知った。
 これだけ海上交通網が発達し(と当時は感じていたが、実はかつてに比べるととんでもなく疎になっている)、本土とつながる橋まで架かったというのに、なぜ今も生き延びているのか。調べてみたところ、架橋がなっていない島々を中心に、まだかなり渡海船が残っていた。
 渡海船を掘り下げて取材すれば、知られざる島の一面が浮き彫りになるのではないか。
 恐らく、瀬戸内海には渡海船のような魅力的な存在が、まだまだ密かに眠っているに違いない。日本の流通・交通を古代から支えてきた瀬戸内海と風待ちの港を提供していた島々だ。様々な歴史や文化が蓄積されているだろう。
 犬島や牛島(塩飽諸島)、鵜島、志々島、来島など、挙げていけばきりがないが、実際ガイドブック取材の過程で、地味そのものの小島にちょっとやそっとでは掘り起こせない歴史が積み重なっていることに驚かされた。
 自分の目にかかっていた蒙昧の霧が晴れるにつれ、鉛色に見えていた多くの島々が、実は燻し銀の光を湛えていることに気づいた。じっくりと瀬戸内海を歩いてみたいという想いが鬱勃と湧き上がり、商業誌ではほとんど取り上げられることのない島々の実情を紹介したいと、当時日本離島センターの季刊誌『しま』の編集長をしていた二藤安功さんに相談を持ちかけた。少しだけ思案した後、二藤さんはOKを出してくれた。
 最初に渡ったのは、当時まだ二隻の渡海船が生き残っていた二神島だった。
 当初は、瀬戸内海の島めぐりにまさかこれほどのめりこむようになるとは思ってもいなかった。まるで老いらくの恋のようだが、地味な島々は相方として悪くない。
 繙けば繙くほど、瀬戸内海の島々は多くを語ってくれる。何を語ってくれたかは、本書を一読していただきたい。
 そして、瀬戸内海の島々に少しでも興味を持ってほしい。
 日本に生まれながら、瀬戸内海の島々の魅力に触れないのは、なんとしても惜しいことだから。



このページのTOPへ戻る








索引

人 名

[あ]
アマノウズメ  145
在本桂子  98,99,102,104,105,107,137,138,139,141,142,144,146,151,154,155,207,208

[い]
池田忠雄  104
池田光政  103
石井慶三  102
伊能忠敬  101
井上勝  34
今岡明  195
今岡禮子  195

[う]
ヴァンヴォルケンバーグ・カート  60,66,67,72,73,74,75,76,77,206,207
ヴァンヴォルケンバーグ・ピーター  65,66
宇喜多秀家  103
臼井洋輔  101

[え]
エングラー・アドルフ  189

[お]
大森春子  132
岡本正穂  128,129
越智健二  202

[か]
加藤菊太夫  153

[き]
菊井憲一  105
木田百穂  81,84,85,92

[こ]
合田アイ子  176
弘法大師  190

[さ]
佐伯真登  46,47,49,54
佐々木金太夫  148
猿田彦  144

[し]
篠原文徳  169,176
白川智洋  167

[す]
菅原孝  40,41
菅原道真  98,99,101
須田明一  108

[せ]
清少納言  99
関茂樹  176
関太郎  181
仙田実  101

[た]
平清盛  179
高岸宏  184
高橋寿一  47
高橋富子  112,114,115,116,123
高畑秀誓  31
宝田義則  135
竹内洋  16,17,19,20
田中靖  167,168

[つ]
津田永忠  101

[と]
富山春良  169,174
豊田繁昌  22,23

[な]
中村一義  46,49
中山辰夫  101,102

[は]
林仰一  102
早瀬アキミ  194
早瀬浩二  194,195,197,198,199,200
早瀬義鷹  193,195,197,201,202

[ひ]
広瀬勝麿  49
廣安道隆  184

[ふ]
福武總一郎  208
藤田卓士  135
藤原純友  101
藤原定子(皇后定子)  99

[ほ]
帆足恵  58,59
帆足里香  50,51,52,53,54
星出篤美  179,180,182,184,187
堀田吉雄  145

[ま]
前田伊佐男  20,22
牧田美津恵  87
松浦宣秀  31,34
松原彌一  48
松村欣世子  48,49
丸尾五左衛門  71
丸山健司  102

[み]
三木隆美  152,155,160
三木辰美  152
光法健  56,57
宮尾しげお  147
宮地佳子  116

[む]
村上タミ代  119
村上トキ子  115,116,124

[も]
桃太郎  99
森本忠太夫  139,141,144,148,150

[や]
矢野勇  201
矢野恒子  195,199
山本市太夫  160,161
山本清治  128,129,135
山本源太夫  153
山本十右衛門  160

[よ]
横河次太夫重陳  103
横山敬子  60,63,64,66,68,71,72,73,74,75,76,77,206,207
吉川満  105
吉村和雄  131,132,134,136


地名、事項、ほか

[あ]
Iターン  47,55
アイランドガール  60,61,62,67,74,206
アイランドテラピー  58
明石の  19
安芸蒲刈御馳走一番  39
安芸大橋  27,29,30,206
空き家  74,134
『字誌』  210
浅日館  114
アサリ掘り  188
味付け海苔  159
安村  57
阿伏兎  122
アプト式[船台/ドック]  134,210
天草  122
海人の藻塩  28,31,34,35
海人の館  31
奄美大島  57
網元  169,175
屋  158
アメリカ  →米国
綾採の曲  145
有明海[の海苔]  159
アレルギー  52
阿波  175
粟井(中島)  16
淡路島  33
安定した職場の確保  169

[い] 家島  23
壱岐  23
生名村  206
生口島  209
石垣  103
石工  105,107,108,110,111,141
石の島  207
石の搬出[風景]  100,103
石船  23
石島(井島)  141,151,153,154,155,156,157,162,163
移住希望者  74
伊勢音頭  145
伊勢神宮  138,146,160,161
『伊勢大神樂』  145,146,160
伊勢大神楽  137,138,139,146,147,152,153,154,160,161,207,208
伊勢大神樂講社  139,148,153,161
遺体[を運ぶ]  18
厳島神社  178,180,181,182,183,184,185,186,187
一心寺  104
一等三角点  201
一般旅客定期航路事業  132
一本釣り  20
井戸水  193,195
田舎暮らし  77
犬石様  99,108
犬島  97,98,99,100,101,102,104,105,108,110,111,137,138,139,150,153,154,156,207,208
犬島石  98,101,102,107,208
犬島再発見の会  97,98
犬島自然の家  102,104,107,108
『犬島の石 嫁ぎ先発見の旅犬島ものがたり』  97,98,207
犬ノ島  99,100,101,108
伊吹島  167,169,175,211
伊吹島漁協  169
今、流行のエコロジー  183
今治[市]  23,44,45,192,193,197,198,202,203,205,206,211
今治沖地震  201
今治内港  45,193,205
イリコ(煮干し)  116,118,167,169,170,171,172,173,210
イリコの加工場  168,171
イリコの時期  176
イリコの島  176,177
岩城村  206
岩国[市/新港]  79,80,82,83,86
岩国市柱島出張所  81
因島  44
インフレ  100

[う]
魚島[村/港]  44,45,46,47,49,50,51,52,55,57,198,205,206
魚島群島  44,114,118,194
魚島小学校  46
魚島中学校  46
魚島村定住促進対策条例  47
魚島村保険福祉センター  →龍宮苑
浮島  82
牛島  60,61,64,66,67,72,74,75,76,149,153,206
牛島集会所  71
牛島の行く末  74
牛窓港  104
宇多津  65
内海町  112,123
馬島  203,211
海に[平気で]ゴミを[捨てる/投げ込む]  72,114
浦庄の浜(柱島)  88,92
浦友(走島)  118
運賃[が違う]  21
運動会  199

[え]
エコロジー  →今、流行のエコロジー
NHK  34
江ノ島  44
塩田跡  156

[お]
花魁道中  145
近江八幡  152
大浦(中島)  20
大型フェリーが寄港しなくなる  209
大久野島  139
大下島  45,148,205,206
大阪  49,50,59,100,103,104,109,136
大阪城  103,109
大阪築港[の採石]  100,104
大崎上島  23
大崎下島  23,28,30,131,206
大島(今治市)  45,148,211
大竹市  91
大鳥居  178,180,181,183,184,185,187,188,211
大鳥居の根継ぎ  184,187,188
大鳥居用の楠  186
大畠  23
大廻し  141,144,146,153,161,162
大三島  211
大本教弾圧  150
大元公園  186,187,190
大山神社  16
岡村島  148,206,211
岡山[市/県/港]  97,99,102,103,104,109,123,137,148,157,158,206,207,208
岡山化学工業株式会社  101,102
岡山県立博物館  101
岡山城  102,103
沖島  153
沖鼓島  99
沖縄  206,210
沖竹ノ子島  99
小島  203,211
小豊島  148,210
お年寄り(老人)  22,29,47,52,112,118,135,143,146,162,168,199
お初穂[料]  142,150,156,157,158
お神酒  153

[か]
海運業  131
外国人労働者  174
介護の資格を取る  49
海上タクシー  67
海上保安庁  198
外人  72
海水浴[客/場]  35,83,134
『海蔵小誌』  161
開拓  192
買い物  197
貨客船  12,23
架橋[島]  9,27,29
架橋効果  38
架橋による恩恵  38
学園(寄宿舎)[方式]  47-48,57
神楽  137,141,142,143,144,146,147,155,161
神楽の一行  142,148,151,154,157
神楽囃子  139
神楽宿  137,151,152,208
神楽宿の高齢化  149
花崗岩  98,99,106,190,208
鹿児島  129
笠岡港  123
笠岡諸島  148
火事  198
ガス冷蔵庫  196,200
風待ち  113
過疎[化]  74,98,167
火葬  19
家族[そろっての/での]転入  47,48,51
カタクチイワシの漁期  170
価値観[の]多様化  47,54
学校  49,52,130
学校は文化の灯台  47
学校を存続させる  55
門付け  153
金岳小学校  57
貨幣を仲介していない  70
蒲刈大橋  27,30
蒲刈群島  28,29,30
蒲刈町  34
蒲刈物産  31,34
鎌倉  104
釜の瀬戸  108
上蒲刈島  27,28,29,30,39,206
上島町  206
神の島  189
紙不足  148
上屋久町  57
亀岡  148,150
蒲生町(鹿児島県)  182
貨物量の減少  15
カラスの被害  197
川尻  29
観音寺[市]  167
柑橘栽培  192
観光客  38
観光資源  60
観光施設  39
韓国  41

[き]
紀州  180
寄宿舎[方式]  →学園(寄宿舎)[方式]
既存の価値観  60
北木島  148
岐阜[県]  147
棄民化  129
義務教育  →子ども[が義務教育を終えたとき/の高校進学/の進学]
義務教育免除  193,199
キャンプ  197
救急車  38
救急船  19
休校  46,47
九州  147
急病人を運ぶ  19
凝灰岩  104
共同井戸  195
漁閑期  174
漁業  19,192
漁業の島  116,155,159
曲芸  138,146
極相林  189
漁船  23
銀行がつぶれる  150
金甲山  99

[く]
久々井  108
樟木預リ帳  182,183
楠の育生  184
楠の苗  191
糞ひり島  197
管鈍小中学校  57
口永良部島  57
忽那諸島  10,205
倉橋島  23,79
来島  203,211
呉[市]  38,128,210
グローバルスタンダード化  →経済効率最優先主義
黒島  82,85

[け]
経営難  17,22
経済原則  129
経済効率最優先主義(グローバルスタンダード化)  129
茎南小学校  57
芸人魂  138
芸能  144,146,147,153,207
京阪神  23,65
欠航  59,207
慶良間諸島  174
県境  141
現金収入  54,55
原始林  183,185,188
建築用材[の確保]  180,185
減便  129
県民の浜  31,38

[こ]
幸運丸  126,131,136
孝栄丸  11,20,22,23,204
公共交通[手段/機関]  11,29
興行的な依頼  153
航空便  10
高校  132
高校進学  55,74
考古学  31
耕作放棄地  88
耕作面積  88
耕三寺  16
公衆トイレ  197
高速船  10,11,13,16,28,29,45,79,129,132,135,209
交通安全協会  153
交通渋滞  169
交通手段  128
交通体系の将来像  136
交通の隔絶性  192
公的サービス自給自足  112
公的な補助金  →補助金
高度成長  27
神浦(中島)  11,16
神戸  50
広葉樹  183,189
小浦[港](牛島)  61,62,68,76
後楽園  104
高齢化  22,98,136,149,167,208
航路[の]確保  →生活航路の確保/定期航路[の]確保
航路[の]廃止  18
航路の行く末  210
小大下島  148,206
国有林  185
五剣山  99
興居島  19
小佐木島  125,126,127,128,129,130,131,132,133,135,136,209,210
小佐木島渡船委員会  130,131,132
小佐木島渡船運営委員会  129
児島湖  104
御神木  184,188
古代製塩体験施設  31
古代製塩の儀式  33
古代製塩[の/を]再現  31,33,34
古代土器製塩藻塩の会  31,34
御馳走一番館  39
五島列島  206
子ども  46,47,51,52,57,74,116,132,145,146,156,162,176
子ども[が義務教育を終えたとき/の高校進学/の進学]  55,74,206
子どもがずるずるついて歩く  141
子どもが泣く  143
木  23
古墳時代の遺跡  32,33
駒ヶ根  73
駒ヶ林(宮島)  190
ゴミ[の]収集  112,114,115,116,120,121,122,209
ゴミの不法投棄  117
米が貴重だった時代  141
米どころ  158
娯楽  141
コンビニエンスストア  22
金毘羅参り  176
金比羅丸  205,206

[さ]
採算ベース  170
財政難  131
採石[場]  100,105,107,108,207
西大寺  104
佐賀  109,188
魚の養殖  196
坂本合資会社犬島精錬所  100
酒屋  152
鷺浦(三原市)  130,210
佐木島  126,132,210
佐渡  57
里浦(牛島)  61,71,74
里親不足  57
里山化されなかった  189
佐柳島  148
サヌカイト  101
皿回し  138,162
三セク  34
山村留学  57
三之瀬(下蒲刈島)  30,39
山陽新聞  102

[し]
塩竈神社  33
塩作りの工程  33
塩の交易網  32
潮干狩り  188
滋賀[県]  148
自家発電  193,195
自家用車  →私的交通機関
自家用船(持ち船)  130,193,197
自家用船の相乗り  136
自給自足に近い暮らし  73
時化  19
資源リサイクル法  115,117
『四国遍路のあゆみ』  175
仕事より子どもを選ぶ  49
四阪島  46,114,194
獅子岩展望台  188
獅子舞  138,141,145,146,150,153,156,162,163
自主運行の小型フェリー  209,210
自主航路  132
自助努力  17
自然志向の生活  57
自然の治癒力  182
地蔵西(下蒲刈島)  30
私的交通機関(自家用車)  28,29
自動販売機荒らし  38
品玉  138
島おこし  27,75,137
『SHIMADAS』  130,192
島伝統の味や食  27
しまなみ海道  9,18,27,44,194
島の交通機関  20
島の生活  195
島間小学校  57
島渡り  148,194
下蒲刈島  27,28,29,30,39,41,206
下蒲刈町  39
下津井  151
地元漁民との調整  20
修学旅行  35
就業の機会  48
住民が運航するフェリー  129
住民サービス制度  22
『旬の魚を食べ歩く』  211
小規模校  →離島の小規模校
小規模校のよさ  56
上下水道[の]完備  47
少子化  167
松濤園  39
小豆島  99,104,141,151,153,154,155,158,163
浄土真宗  147
庄原市  184
商品価値  170
消防団活動  47
定紋石  109
常緑広葉樹  189
食材の出自の明確さ  69
食材の新鮮さ  70
食材の入手法  69-70
植樹運動  →流行の植樹運動
植生の遷移段階が進む  189
白石島  148,206
塩飽諸島  60
人口[減/減少]  15,136,210
新興住宅地  156
信仰の対象  99
神事  153,161,207
神事のまねごと  153
新住民を募集  →村民募集
神勢丸  113
針葉樹  182,190
診療所  52,119

[す]
水産加工場  117
すいせい  79,93
水洗トイレ  47
水田耕作[が行われてこなかった]  189
水利の悪い時代  92
周防大島  →屋代島
菅原道真の犬伝説  98,99,101
杉の浦(宮島)  184
朱雀門  104

[せ]
製塩  31,32,33
製塩工場[の跡/遺跡]  32,33
製塩土器  31,32
生活権  136
生活航路の確保  128
清泰院  104
精錬所[跡]  100,104,110,207,208
世界遺産  178,182
世界遺産貢献の森林  182,185
石材加工所  105
瀬田薬局  191
絶海の孤島[のイメージ]  44,192,194,202
瀬戸内シーサイド留学  57
瀬戸大橋  71,104
瀬戸田  209
仙酔島  113,114
全島庭園化事業  39

[そ]
葬儀  47
雑芸  138
総合学習の場  77
増税  203
造船  131
造船所  22,23,134
造船不況  134
村営住宅  47,49,53
村営船  44
村民募集  46,47,49,50,51

[た]
第一次世界大戦  134
大道芸  153
大日本沿海輿地全図  101
台風  13,193
台風19号  179,180,187
大福帳  →富山の薬売りの大福帳
太平洋戦争  148
太陽熱を利用した温水器  47
大連(中国)  36
高井神島  44,46,47,49,50,52,56,59,114,205,206
高井神小学校  46,47,48,49,51,55,56
高井神中学校  46,51,55,58
高浜[港]  10,11,13
高松  64,65
高見島  148
タクシー  168
壺[漁]  19,20
太宰府  99
田島(内海町)  123
立花(大崎下島)  30
建網  197
田戸[港](上蒲刈島)  29,30,39
種子島  57
玉野[市]  141,142,162
単身赴任  133

[ち]
地域経済[の]破綻  150
地竹ノ子島  99
地方税法  203
知名度の低さ  192
チャーター[船]  16,126,141
中国  35
中国新聞  127,128,130,182,211
中古船  131
町営[航路/船/フェリー]  11,12,13,21,22
町営バス  30,39
町からの補助  →補助金
長盛丸  11,13,14,15,17,18,20,204
朝鮮通信使[料理/饗応料理/接待料理]  28,39,40,41,42
帳面  148
チリメン  116,118
陳情  128

[つ]
通院  →病院通い
通学  132
通学渡船  132
通学費[の]実質値上げ  38
通学補助(フェリー運賃)  38
通勤  49,130
対馬  23
包ヶ浦(宮島)  184
梅雨  196
釣り人  83
鶴岡八幡宮  104
釣島  11
津和地島  11,16,20,23,205

[て]
定期[航路/船/便](連絡船)  9,11,14,61,67,97,114,125,130,132,135,136,154,167,192,193,197
定期航路[の]確保  127,129
定期航路[の]廃止(定期船撤退)  127,130
定期航路[の]復活  130
定期船がない島  141
定期船撤退  →定期航路[の]廃止
定期船の復活を求める陳情  128
定住  192
デコ(木偶)廻し  175
豊島(香川県)  104,148
豊島石  104
テレビ  198
テレビ[の取材に懲りた話]  9,10
テレビ局[の]取材  41
テレビの取材[を断る]  195
電気  195,196,197,200,202
天狗久  175
天狗丸  44,45,46,49,205
天水  196
伝馬船  198
電話  198,200

[と]
ドイツ  189
銅価格の暴落  100
東京  10,136
道後温泉  176
唐船(走島)  117
銅の精錬  100
東備歴史研究協議会  101
トゥモローハウス  40
道路の整備  →港や道路の整備
戸円小学校  57
都会人の支持を得る  70
渡海船  9,10,11,12,13,15,16,17,18,19,20,21,22,44,45,198,204,205
土器  31,32,35
徳島  23,174
徳之島  57
都市生活者  54
十島村  57,129
土葬  18
ドック  134,210
土庄[町](小豆島)  104,210
鞆[港]  113,122,123
友浦(大島)  45
富山の薬売りの大福帳  148
豊寒別小学校  57
豊島(愛県)  114
豊島(広島県)  28,30,206

[な]
直島[町]  141,158
直島福武美術財団  208
中島[町]  10,11,16,19,20,205
中島三和漁業協同組合  20
中島町営航路  11,12,13
中島渡海船組合  15,16,20
永田小学校  57
凪  18,19
情島(呉市)  210
夏野菜  197
夏休み  197

[に]
新居浜の市場  197
仁方[港]  28,29,30
西阿木名小学校三京分校  57
にじ観光  67
西野(民宿)  11
二次林  188
偽神楽  153
煮干し  →イリコ
日本硫黄株式会社岡山工場  100
日本庭園  104
日本の建築文化  180
日本野鳥の会  102
日本離島センター  98
ニューいぶき  168
ニューうおしま  44,46
ニワカ(狂言)  161

[ぬ]
沼隈[郡]  112
沼隈町  123
沼隈半島  122
怒和島  11,16,20,205

[ね]
根継ぎ  →大鳥居の根継ぎ
年中行事  208

[の]
農業の島  135
農業用水  196
農耕船  128
濃霧  9,10,19,207
野忽那島  11,17,57,205
野忽那小学校  57
海苔の加工場  157,159

[は]
場当たり的な植林  183
廃屋  61,71,169
廃校(閉校)  74,197,200
配食サービス  112,118,119,120
ハウス栽培  196
伯方島  9,45,211
初神(上蒲刈島)  30
端島  82,85
柱島  79,83,84,85,86,87,88,93
柱島三島の活性化を図る事業  82
柱島三島の物産  83
柱島三島ふれあいツアー  79,81,83,84,85,86,88,89,208
柱島諸島  79
走島  112,113,115,118,123,124,209
走島町女性会  113,114,115,116,118,124,209
バス  28,29,30,30-31,31,38,39,113,168
田  88
長谷小学校  57
伐採  188
バッチ網漁  171
発電所  201
発電所の跡  71
発電に使う燃料代  203
花峰小学校  57
撥ね釣瓶[井戸]  92,93
浜頓別  57
羽茂自然公園  57
羽茂町  57
流行の植樹運動  182
万国博覧会  104
半農半漁  194

[ひ]
燧  44,192
東田石材  103
ひがしや  179
比岐島  192,193,194,197,198,202,203,211,212
比岐島発電利用組合  202
備前焼の窯元  153
人手不足  173
一人暮らしの高齢者  112,118
檜団地  184
病院[通い/に行く](通院)  13,16,128,130
病院の順番取り  45
病気  198
兵庫県の山間部  158
平山小学校  57
肥料  36
広島(丸亀市)  74,153,158
広島[県/市]  80,133
琵琶湖  153
檜皮採取対象林  182
檜皮の採取  185
檜皮葺屋根の定期的な維持補修  186

[ふ]
フェリー  10,11,13,18,21,29,30,38,45,113,122,125,128,129,131,132,135,209,210
フェリー[寄付/寄贈]  127,128,131,133
フェリー[便]の就航  15,18,129
フェリーの老朽化  129
『フェリー・旅客船ガイド』  126
福井[県]  147
福江島  206,207
福山[市/港]  112,123
福山市鞆支所走島分所  112,114,115
不景気  15,98
不在地主  75
二神島  10,11,13,15,16,17,19,20,23,204,205
復校  46,48,56
不定期航路  132
不登校[児]  57,58
不登校の子どもたちを受け入れる  57
鮒ずし  153
船大工  18,23
船着き場  12,14,15,114,167,178,200
船の高速化  9
不法投棄  117
冬野菜  197
プロパンガス  21,53,196
文化財修復用材の備蓄・供給  185

[へ]
閉校  →廃校
米国(アメリカ)  60,65,66,129
平城京跡  104
僻地校  →離島の僻地校
別荘  134
辺戸  206
ベルリン大学  189
ペンション  50
便利屋  9,205,206

[ほ]
放下芸  147
北条市  17
製工場  144
暴走族  38
宝伝[港](岡山市)  97,99,104
防波堤の整備  198
朋和商事  34
保険の期限が切れる  205
補助金(町からの補助)  17,19,22,132
補助金増額の申し入れ  136
堀岡旅館  83
本浦(走島)  118
本島  60,61,67,71,149,153,158
ホンダワラ  33,35,36
ボンハウス  74
ポンポン船  45

[ま]
真浦港  168
魔女の館  64
マスコミ[で話題になる]  183
町おこし  40
マツクイムシ  198
松山[市]  10,11,18,19,23,49,79
松山市中島支所  205
真鍋島  148
丸亀[市/港]  61,66,67,70,74,77,149
マルト汽船  209
万葉集  33

[み]
三重[県]  147
三角島  131
ミカン  14,131,132,135,197,212
ミカンの時期  18
ミカンの収穫  197
ミカンの選果  195
ミカン畑  72,134,201
ミカン畑などの肥料  36
ミカン搬出用の農業施設  198
ミカン船  193
美須賀小中学校比岐島分校  193,200
彌山  190
彌山[を中心とした]原始林  185,188,189
三津浜[港]  10,13,14,16,17,18,205
見戸代(下蒲刈島)  30
港や道路の整備  198
港旅館  83,86,91
南種子町  57
南チロル学園  57
箕沖  112,123
三原[市/港/市街]  125,126,127,128,130,133,134,135,136,209,210
三原海陸運輸  126
『三原市史』  130,210
宮窪町  148
宮島  178,179,180,181,182,187,188,189,211
宮島千年委員会  179,180,181,182,185,211
宮島の自然  190
妙見丸  193
ミルク給食  200

[む]
向[港](上蒲刈島)  30
向口(上蒲刈島)  30
向田(佐木島)  126
六島  148
無人島[化]  76,204
無人島に住みつく  204
娘遍路(娘四国)  175,176
睦月島  11
胸上小学校石島分校  162

[め]
女猫の瀬戸  29

[も]
木造建築技術の継承  180
木造船  22,23
木造船の造船所  22,23
藻塩(藻鹽)  28,31,33,34,35,36,37,38
藻塩作り体験  35
持ち船  →自家用船
紅葉谷(宮島)  188
森本忠太夫社中の足取り  148

[や]
八百万の神  143
焼き塩  32
屋久島  57
厄祓い  146
屋島  99
屋代島(周防大島)  79,82
柳井  10
山火事  182,188
山口[県]  147
闇米時代  158

[ゆ]
悠久の森  182
有人島  125,137,212
Uターン  46,47,55
郵便局  47
郵便物  198
弓削島  56
弓削町  206
豊町  131
豊丸  125,130,131,132
輸入  35
夢の島状態  117

[よ]
与島  104
余所国  148
よそ者  83
よそ者を警戒しがちな島人  74
嫁入りの資格  176
嫁取り  175
嫁不足  174

[ら]
落葉広葉樹  189
ラジオ  199
乱獲  93
魁曲  145,152,162

[り]
離島苦の象徴  93
離島航路運航補助費  129
離島振興法[の恩恵]  198,203,211
離島振興予算[の]カット  38
離島人材育生基金助成事業  98
離島新産業等育生支援事業  81
離島の小規模校  57
離島の僻地校  56
留学生[の]受け入れ  57
留学生を募集  48
龍宮苑(魚島村保険福祉センター)  48
漁が年々減り続ける  93
臨時定員  16
林野庁  184

[れ]
連  175
連絡船  →定期[航路/船/便]

[ろ]
老朽家屋の処理  169
老朽船  130
老人  →お年寄り
老人優待切符  132
路線バス  →バス

[わ]
話芸  145



このページのTOPへ戻る





ウエッブサイトから注文・問合せ