みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

夢・葬送 ――浪花の唄う巨人・パギやん Song Book

夢・葬送――浪花の唄う巨人・パギやん Song Book

夢・葬送

   ――浪花の唄う巨人・パギやん Song Book

趙博(チョウ・パギ)著
太田順一 写真
2007年2月刊
A5判上製128頁
本体2200円+税
ISBN978-4-944173-46-4 C0095
装幀 林哲夫
   →[まえがき]を読む
   →[書評]を読む




〈浪花の唄う巨人・パギやん〉生誕50周年記念フォト・エッセイ集。26曲に込めた〈在日関西人〉のまなざし

[著者]
趙 博 http://fanto.org

趙博の読みは、「ちょう ばく」「ちょう ぱぎ」「ちょう ばぎ」いずれも日本語として可。正式な発音は Cho Bak で、 英語表記は Paggie CHO としている。「博」は韓国語で Pak、それが母音や特定の子音のあとに来ると Bak という発音になる。 [p]→[b]という濁音化の音韻法則は、[t]→[d]、[k]→[g]にもあてはまる。子音終わりの名前には[i]や[a] を着けてリエゾン(連声)させて「愛称」化する。だから[Pak+i]→[Pagi]、それに関西弁の「○○やん」が膠着して 「パギやん」が完成する。

[主な個人歴]
1956年 大阪市西成区にて在日朝鮮人二世として出生
1962年 大阪市立鶴見橋幼稚園「松組」卒業、精勤賞授与さる
1965年 日韓条約締結により「韓国籍」となる
1973年 日本傳講道館柔道 弐段
1980年 神戸市外国語大学 ロシア学科卒業
    *4回生で落第、5年次に放校同然で……
1983年 関西大学大学院で文学修士号取得(教育思想史専攻)
    *竹内良知(故人)、鈴木祥蔵に師事
1986〜1992年 関西大学講師(教育学担当)
1986〜2004年 (学)河合塾 英語講師

[主な芸能歴]
1992年11月 ファーストアルバム『Rapture & Rage』(自主製作)
1994〜2004年 毎年『セレブレーション・コンサート』をプロデュース
1995年02月 セカンドアルバム『爛漫』(自主製作)
   05月 映画『ぷくぷく夢がわいてくる』音楽担当
1998年04月〜 FMわぃわぃ(神戸市長田区)「趙博のソリ・マダン」
1999年05月 シングルCD『橋/長らくご無沙汰してるけど』
      第3集CD『ソリマダン』(Pandra Record)
2000年06月 第4集CD『ガーリックちんどん』(Pandra Record)
2001年04月 故・マルセ太郎の代役で喜劇『イカイノ物語』出演、全国巡演
   11月 第5集CD『光のエチュード』(Pandra Record)
2002年04月〜 一本の映画を独りの唄と語りで演じる〈歌うキネマ〉上演開始
      *現在までの演目…「ホタル」「マルコムX」「泣いてたまるか」「西便制/風の丘を越えて」「砂の器」「人間であるために」「神様こんにちは」「キクとイサム」「パッチギ!」
   10月〜  矢野陽子・喜劇ショップ『ワルルル…』に楽士で共演
   12月 第6集CD『彼処此処(おちこち)』(Pandra Record)
     *板橋文夫トリオとのライヴ録音
2004年03月〜 歌うキネマ『西便制/風の丘を越えて』全国公演
   08月 民謡CD『〈恨〉歌集〜歴史と悲哀のリエゾン』(warble record)
   08月〜 『おんな唄つづら折り』ライヴツアー開始
2005年02月 マルセ太郎・作/永井寛孝・演出『枯れない人々』に出演
   12月 第7集CD『星の天秤』(Tamazo Label)
2006年02月 映画『もっこす元気な愛』音楽担当
   04月〜 歌うキネマ『砂の器』全国公演
      *ピアニストHalma Genと共演
   09月〜 FMさがみ「趙博・朴慶南/チャグンマンナム・小さな出会い」
   12月 総集編CD『趙博ベスト30』(Tamazo Label)

[著作・連載]
1989年 『在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集U』(共編、明石書店)
1995年 『ニッポンて何やねん?』(共編、CDブック、東方出版)
1999年 『英語がわかる』(河合出版)
2003年 『ぼくは在日関西人』(解放出版社)
2004年〜 「ニッポン日々漫遊記」(隔月刊『インパクション』)
     「トリの眼・ムシの目・ニャンコの目」(月刊『まねきねこ通信』)


[目次]
Before と Because ――まえがきにかえて

喜――橋を渡って、いま此処まで……

長らくご無沙汰してるけど
ようこそ僕の街へ
泪の季節
コマンドまたはファイル名が違います
賢治有情
待ってまっせ

怒――死をも含めて人生だ、ならば……
光のエチュード
おちこち[彼処此処]
監獄へ入ろう
北のエチカ
狼煙
Sweet Sweat & Golden Dust

哀――路地裏から世界を覗けば、旅空に今日も雨
路地裏から
夢・葬送
風物詩
合わせ鏡
初恋の道
雨唄
旅の空

楽――恨[ハン]の声で、恨[ハン]を越えたい……
笑顔百薬
月と氷
揺籃[Yurikago]
星の天秤
夢がぷくぷくわいてくる
“もっこす”元気

歌詞一覧
イラスト 青木かおる


[Before と Because ――まえがきにかえて、より]
――“Before”と“Because”は「歌(唄)」の位相にも当てはまります。「歌う前にやることがあるだろう」「歌っているから繋がるんだ」「歌う前に考えろ」 「歌うからこそ見えてくるんじゃないか」etc. etc. ――歌うことを生業としながら、僕は時々、歌を拒否したくなる衝動に駆られます。「歌ってる場合じゃないだろう!」 一方、様々な現場で「なぜ歌わないのだ!」と怒りに燃える時もあります。美しすぎる声と拙すぎる絶叫、どちらにも違和感を覚えるのです。 「誰であろうと民衆の魂を真に演じようとするものは、多くの道を歩んでいかねばならない。……洗い物をする女性や、縄をない、溝を開き、鉱山へ下り、 海に網を投げる男たちの仲間であるということなのである」(ビクトル・ハラ)。僕は、多くの道を歩みたいと思います。いつの日か、“Before”と“Because” を止揚する日を夢見て――。


【書 評】
毎日新聞(大阪本社版)
    2007年4月6日付文化面
「暗い時代」に温かな表情で

 自作26曲を収めた歌詞集。「夢がぷくぷくわいてくる」という曲のタイトルからも分かるように、収められた歌詞に激しさはない。一方、曲の合間に収めたエッセーでは「階級差別が肯定され、強化されただけの社会じゃないか」と厳しく指弾している。
 在日コリアン二世。大手予備校「河合塾」の英語教師として人気を博した。同時に、パンソリやジャズを源泉にした音楽活動を展開するミュージシャンでもある。在日二世の芸人、マルセ太郎の至芸「スクリーンのない映画館」に影響を受け、「パッチギ!」など秀作映画を歌と語りで演じる「歌うキネマ」も人気を集めている。本人は嫌がるかもしれないが、多彩な、深い人、という表現が似合う。
「歌舞音曲を以てして如何ほどのことがなしうるのか。自問自答が続きます」と記す。「暗い時代です」とも言うが、ハンセン病療養所などの撮影で知られる太田さんが写し取った、地元の大阪・鶴橋での趙さんの表情は温かい。その顔はまだ、未来まで暗い時代が続くとは考えていないことを示している。
(山成孝治 署名記事)


【用紙/刷度数】
ジャケット ヴァンヌーボVG ホワイト 四六判Y目135kg 4°+PPコート
帯  ヴァンヌーボVG ホワイト 四六判Y目135kg DIC310/1°
表紙 タント 四六判Y目 N-1 70kg DIC621/1°
見返し タント 四六判Y目 N-2 100kg
別丁扉 タント 四六判Y目 D-52 70kg K/1°
本文 ラフクリーム琥珀 A判T目 42.5kg



このページのTOPへ戻る



ウエッブサイトから注文・問合せ