みずのわ出版


本拠地 ・ 山口県周防大島の出版社、です


―詳 細―

唯我独創の国から

唯我独創の国から
唯我独創の国から

西日本新聞文化部 編
2000年10月刊
A5判並製238頁
本体2200円+税
ISBN978-4-944173-09-9
装幀 林哲夫
在庫僅少




偉人よりも、世間では畸人とされてきた人物のほうが、或いは歴史的モニュメントより、時流に取り残された「遺跡」のほうが、時代の「のぞき穴」としてはむしろふさわしく、外の景色を案外うまく映し出してくれるのではないか――。30人、25の場所を丹念に辿った、時代の「負け組」たちの物語。


[目次]

第1部 唯我独創の国から
第1章 疾風怒涛、時代の寵児たち
離島航路
立身出世
リゾート開発
選挙
千里眼
レジスタンス
─“島酔い”と最後の聖戦
─諭吉の影を追い続け
─楼門に託した「理想郷」の夢
─「同情」という風を起こし
─「透視術」で日本中席巻
─噴火口は町有地なり
海運事業家     川畑當築
ジャーナリスト   野依秀市
事 業 家      宮原忠直
代 議 士      高橋権六
「超能力」者?   御船千鶴子
熊本県阿蘇町長 河崎義夫

第2章 栄光なき天才たちの肖像
ゴミ・アート
浮世絵
二番走者
農民演劇
職人気質
パブリック・アート
島唄
漂白
風狂
─社会変えると信じた
─収集に生きる証し求めた
─「もう一人の佐伯」の悲劇
─「鄙」の閉塞打破へ夢追う
─料亭文化とともに消えた技
─旧世代への挑戦状
─路傍こそわが舞台
─歌壇に刃向け、野に死す
─美に境地求めた自由人
美術家    殿敷侃
コレクター  今西菊松
洋画家    横手貞美
医 師     安元知之
料理人    小川清
彫刻家    日名子実三
旅芸人    里国隆
歌 人     宗不旱
禅 者     小林雲道人

第3章 アカデミズムの傍流に乗って
血液型神話
わかる算数
発行物質
焼酎
明石原人
不平居士
金魚
─現代に生き続ける錯覚
─最小の練習で最大の効果
─ホタルに、命燃え尽きて
─死後も抱き続けた麹菌
─消失が生んだ考古学のドラマ
─唐寺に憑かれた男
─アカデミズム傍流の大家
教育学者      古川竹二
数 学 者      遠山啓
生物学者      神田左京
有用カビ研究者  河内源一郎
博物学者      直良信夫
郷土史家      宮田安
水産学者      松井佳一

第4章 時代の波にのまれながら
武士道
戦場の武術
名前
華僑
潜行五千里
聖戦
発明考案
スポーツ
─変形した「自己犠牲」の精神
─刀折れ矢尽き、なお闘う
─少数民族としての「在日」の人権訴え
─貫いた中国人の誇り
─未踏の中央アジア潜入八年
─ホラは吹けても神風吹かぬ
─科学技術による「国家改造」
─常に世界標準を意識
葉隠研究家     栗原荒野
柔 道 家      牛島辰熊
牧 師         チォエ ・ チャンホア
貿 易 商      陳世望
特務調査工作員  西川一三
郷土史家       筑紫豊
言 論 人      清水芳太郎
体育指導者     岡部平太

第2部 西日本“現代遺跡”行
第1章 現代の“遺跡”を歩く
ボタ山温泉
別荘文化
流転の島
オレンジベルト
途絶えし祈り
集団離村
進化するビル
遊里
九大外人宿舎
カクレキリシタン
─美しく切ない「ヤマ」の残骸
─湯煙に消えるガーデンシティー
─開拓、無人化、石油、宇宙……
─そして山に石垣が残った
─商品経済が解体した信仰共同体
─ふるさとは野生化し始めた
─放埒包み込んだ「平和の象徴」
─豪華極めた近代の「加速装置」
─消える「お雇い」制度の生き証人
─八百万の神々とマリヤ様
福岡県穂波町
大分県別府市
鹿児島県・馬毛島
佐賀県大和町
長崎県小値賀町・野崎島
宮崎県西群市寒川
北九州市八幡東区
熊本市
福岡県早良区
長崎県

第2章 時代のうつろひのなかで
スローガン建築
スクラップ
民芸の里
無言の語り部
廃遊園地
大立て看板
炭焼き
大煙突
赤煉瓦
─田園に鎮座する新幹線公衆便所
─船体に刻んだ捕鯨の盛衰
─しぶとく、したたかな下手物窯
─田園・住宅地に居座る軍事遺構
─消えたときめき、あこがれ、歓声
─原発めぐるさまざまな「希望」
─忘れられた国境の漂泊者
─岬の町にそびえる「世界一」
─米軍基地のなかの「日本」
長崎県佐々町
山口県下関市
福岡県高田町
宮崎市
北九州市小倉南区
宮崎県串間市
長崎県対馬
大分県佐賀関町
長崎県佐世保市

第3章 つわものどもが夢のあと
シルバーリゾート
白い巨塔
コウモリトンネル
オートポリス
ブームの墓標
酪農団地
─「まちづくり」の町の白亜の廃墟
─博覧会ブームのノッポな置き土産
─鉄道の夢だけが走った
─泡は消え、サーキット場だけが残った
─あるベンチャー企業の栄光と蹉跌
─大草原の大きな夢は……
大分県湯布院町
長崎市
佐賀県唐津市
大分県上津江村
福岡市早良区
熊本県 ・ 阿蘇

記者ノート─北里晋、蔵本康慶、藤田中、嶋村初吉、野中彰久
  あとがき─藤井通彦



このページのTOPへ戻る



ウエッブサイトから注文・問合せ