総 合 案 内 

・みずのわ出版TOPページ

年度別 ・ 総目録

・全書籍一覧
・2012年以降刊行分
・2011年刊行分
・2010年刊行分
・2009年刊行分
・2008年刊行分
・2007年刊行分
・2006年刊行分
・2005年刊行分

ジャンル別

・宮本常一
・民俗学・文化人類学
・神戸
・韓国・朝鮮
・詩・小説
・ノンフィクション
・社会科学
・美術・写真
・周防大島・瀬戸内海
・宗教
・本の本
・音楽

シリーズ

・みずのわ文庫
・なぎさの記憶
・かむろ復刻版
・spin
・宮本常一写真図録
・宮本常一離島論集
・島―瀬戸内海をあるく

お問い合わせ、等

・ご注文方法
・FAX・封書兼用注文用紙
・自費出版のご案内
ウエッブサイトから感想、注文・問合せ

みずのわColumn

こんにち話


共同通信のインタビュー企画「こんにち話」で、「民俗学の巨人、宮本常一」と題して、みずのわ出版代表 柳原一徳へのインタビュウ記事が配信された。2007年11月14日付山陰中央新報などに掲載。

◎無名の人々が偉かった
 やり残した仕事に関心
(聞き手=共同通信宮崎支局長・上野敏彦)




◎無名の人々が偉かった
 やり残した仕事に関心


 〈今年は民俗学者の宮本常一(1907-81年)が山口県・周防大島に生まれて100年。生涯の大半を離島や山村などの振興に尽くすため、地球を4周分も歩いてきた。故郷の後輩として「宮本常一のメッセージ」「宮本常一写真図録」の2冊を出版した〉
 生誕100年だからという意識はありません。そうであろうとなかろうと出すべきものは出す、それが本屋の仕事ですわ。まあ、これを機会に少しでも本が動いてくれたらうれしいですけど。ともかく宮本はどエライ人。でも、彼が訪ね歩いた無数の、無名の人々が偉かったということなんです。だから「忘れられた日本人」をはじめ多くの作品が生まれた。
 今回出した「宮本常一のメッセージ」は、地元の郷土大学の講義録をまとめたもので、「宮本の旅と思想」が全体のモチーフです。宮本にほれこんだ作家の佐野眞一さんや立松和平さんたち、語り手五人の実践と、宮本の世界がどう通底するかを読み取ってもらえればと思います。
 「宮本常一写真図録第1集―瀬戸内海の島と町」は、周防大島文化交流センターでの企画展示を元に作った本で、約二百枚の写真を収録しました。宮本が旅先で関心を寄せたものは、例えば漁船の造り方の変化だったり、道行く人々の足元、護岸の変わりようなどと多岐にわたっています。
 彼の写真は昭和30-40年代のノスタルジーというとらえ方をよくされるが、それには違和感があります。今の時代に宮本の文章や写真は、へき地の救いようのない現実をどうみていくか、そしてわれわれはどう生きるか、という問いを突きつけているのではないでしょうか。この図録の価値が世間に広く認知されるのは、ワシらが死んだ後だと思いますよ。
 〈宮本常一著作集は未来社から刊行中で、49巻目が近く出版される。民俗学に関心を持つ人も、じりじりと増えている〉
 宮本が全国離島振興協議会を発足させてから亡くなるまでの30年間に季刊「しま」に執筆した記事を、来年から「宮本常一離島論集」として刊行します。それと写真図録を年に2点くらい出していきたい。しんどいですよ、きっちり作ろう思うたら。地味やけれど、基礎資料を後世に残していくことが大事と考えています。
 宮本が残した遺品や手紙なんかには興味がありません。それよりも、宮本がやり残した仕事は何か、その先の展開はどうなるんだと、その先が気になる。だからこそ、この仕事を続けているわけです。
 〈阪神大震災を体験した後、神戸で出版社を開業。一人でこれまでに約70冊の書籍を世に送り出した〉
 被災して分かったのは、個人では何もできないということ。神戸も、さみしいけれど、薄っぺらな町になってしまった。本屋も少なくなったし、神戸を引き払って故郷へ拠点を移すことも一時は考えたのです。だけど、人が出入りするところでなければ、版元はやっていけないことに気づいた。
 神戸ってね、夜の10時すぎに松山行きの船に乗れば、翌朝には故郷の周防大島へ帰れる。この安心感は大きい。仕事が回るのは大阪がらみのことが多いので、当分、大阪との間を行き来しながら、月に一度は大島へ帰り、いろいろ考えていきたい、と思うてるんですわ。



「こんにち話」のTOPに戻る

ウエッブサイトから感想、注文・問合せ





みかん通販・写真 ほか

・みかん通販
・写真撮影
・blog みずのわ編集室
・Face Book
・みずのわ放送局

Column ・ Essay

・「瓦版 なまず」連載
・こんにち話
・安倍辞任
・黒子の義憤
・「宮本常一写真図録」
        刊行について

・万年赤字版元の疑問
・「宮本常一叩き売り」批判
・「神戸の本」あれこれ
・ぼやき
・いいのか、悪いのか?
・必然のない市町村名
・島びと三代の記
・さんぽ道






このページのTOPに戻る



ウエッブサイトから感想、注文・問合せ